「第19回グローバルインサイトセミナー」を実施しました

公開日 2019年12月10日

 島根大学国際交流センターは1113日、「第19回グローバルインサイトセミナー」を実施しました。今回は、世界各地を舞台に研究・交流を重ね続けている、本学の3名の教授が登壇し、「海外研究者と学生交流」をテーマに発表を行い、海外との研究交流や学生交流に関心のある教職員・学生が参加しました。
 講演ではまず、各教授がそれぞれの経験をもとに自ら企画・実行してきた海外研修プログラムや、海外からの研究者・学生を受け入れる際の留意点などについて話しました。セミナー後半では、国際交流センターの青教授を中心としたパネルディスカッションが行われ、海外での交流を経験したパネリストならではの意見交換の場となりました。参加した教職員からは、「学生が海外で活躍するためのプログラムを企画し実現するまでのプロセスと事務的な課題などが聞けて非常に勉強になった」との声が上がりました。また学生からは、海外プログラムに対してアクティビティの高い研究室の見つけ方についてなどの質問も上がりました。

 今回のセミナーは、11月の島大グローバル月間の目玉企画として、多くの教職員や学生が国際的に活躍するきっかけとなることを目的に行われました。島大グローバル月間では、この他にも島根大学生や留学生が交流し、有意義な国際交流と学生生活が送れるよう、学内で行われる国際交流イベントを紹介・サポートしています。島根大学は今後もこのような国際交流行事を積極的に行ってまいります。

IMG_7612.JPG IMG_7633.JPG
人間科学部 西崎教授の講演 エスチュアリー研究センター 矢島教授の講演
IMG_7643.JPG IMG_7628.JPG
総合理工学部 黒岩教授の講演 学生や教職員が幅広く参加
IMG_7652.jpg
国際交流についてパネルディスカッション

お問い合わせ

国際交流課