本学留学生が出演する映画が完成しました!

2018年9月21日

 このほど、島根大学の留学生が出演する自主制作映画が完成しました。
 この映画は、地元松江市の持田地区を舞台に映画製作に取り組む持田アガサ映画製作倶楽部の“勘助探偵団シリーズ”第4話「レヒアの風」として製作されたもので、同地区の古民家を借り受けている本学国際交流センター教員が取り持つ縁で実現したものです。脚本も留学生が手掛け、英語でのシーンや全編に英語の字幕を入れるなど国際色豊かな映画に仕上がっています。
 前半は、留学生演じる架空の国の王女が、束の間の自由時間に持田地区を訪れ、地域の住民と触れあう姿が中心に描かれ、後半は、王女を連れ戻そうとする留学生演じる警護役から王女を守ろうとする住民との駆け引きがシリアスなタッチで描かれています。
 完成した映画は、地元ケーブルテレビで放映されるほか、地元行事等で上映されることになっています。映画製作に参加した留学生にとっては、映画製作の過程を学ぶだけでなく、地域の方と交流し、地域の活性化やグローバル化にも貢献できる大変貴重な経験となりました。


Lechia2.jpg
撮影風景

Lechia1.jpg

映画の1シーン

 

 

 

お問い合わせ

国際交流課
国際交流センター
電話:0852-32-9735