外国人研究者の受入について

島根大学外国人研究者とは・・・・

「島根大学外国人研究者規則」に従い、本学の研究者と協力・共同し学術研究を行うために、ある一定期間(原則1月以上1年以内)本学を訪問する外国の研究者を指します。外国人研究者は、自身の支弁等により本学に滞在することになります。島根大学が雇用する研究者ではありません。
line.JPG
♪ダウンロードコーナー♪

受入各種手続きガイド(PDF)
  大学での手続き,ビザに関する情報,ビザ申請の手続き,宿舎等について,
  受入教員向けに分かりやすく説明しています。

■各種申請書様式(WORD)
  ・外国人研究者受入承認申請書
  ・外国人研究者受入期間延長申請書
  ・外国人研究者受入終了書
  ・外国人研究者受入期間変更申請書
  ・外国人研究者受入証明発行申請書
  ・安全保障輸出管理チェックシート
line.JPG

外国人研究者を受入れるにあたり,必要な手続きを簡単に紹介いたします。
詳細につきましては,『受入各種手続きガイド』をご参照ください。
 外国人研究者受入の流れ

外国人研究者の受入について

『外国人研究者受入承認申請書』を作成し,学部審議を経て,国際交流課にご提出ください。受入決定通知は,ビザの申請や国際交流会館の入居申請等に必要ですので,まずはこの申請を行ってください。

重要:学部審議後,『受入決定通知』発行まで約2週間かかります。来日予定,在留資格認定証明書申請時期等を考慮して,早めにご提出ください。

 ※『受入決定通知』発行後に来日期間の変更があった場合は,速やかに『受入期間変更申請書』をご提出ください。


 在留資格認定証明書について

入国管理局の所定の様式にて受入研究者が作成・申請を行います(所属機関作成用書類については国際交流課作成)。ご不明な点がございましたら国際交流課までご相談ください。
詳しくは,外務省及び入国管理局のウェブサイトをご覧ください。
・外務省URL⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/index.html
・入国管理局URL⇒ http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/index.html 


宿舎について

島根大学の下記の施設に宿泊が可能です(空室がある場合)。詳しくは こちら

◆島根大学国際交流会館(松江市菅田町:留学生も利用している宿舎です)


外国人研究者滞在期間中の各種手続き

外国人研究者の滞在期間を延長したい場合には,事前に『受入期間延長申請書』をご提出ください。
外国人研究者の在籍証明が必要な場合は,国際交流課で発行いたします。『受入証明発行申請書』をご提出ください。


外国人研究者離日後の手続き

『受入終了書』をご提出ください。

重要:長期滞在の外国人研究者が市役所での年金・国民健康保険の解約手続きを行わずに帰国するケースが目立ちます。外国人研究者が年金・国民健康保険に加入された場合は,帰国前に必ず市役所で解約の手続きをしていただくよう,受入研究者から外国人研究者に対しご周知ください。

 line.JPG
ご不明な点がございましたら,国際交流課へお問い合わせください。
TEL0852-32-9735(内線(9)2072)

E-mail:ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp