日本語教師連携強化会議in島根大学を開催しました

2016年10月20日

2016年9月26日~29日,島根大学の協定校を中心に日本語教師の連携強化を図り、かつ地域性を織り込んだ副教材を作成する目的で,上記会議を国際交流センターの主催で行いました。
 本会議には,福島達也准教授(アーカンソー大学),田中恵里子准教授(ケント州立大学),小林明子国際交流センター長(島根県立大学),本学からは外国語教育センター中園博美准教授,泉久美子嘱託講師,浅田雅美嘱託講師,オブザーバーとして国際交流センター宮坂実特任准教授が出席しました。
 出口国際交流センター長の挨拶の後,各大学の状況報告、連携の可能性の検討が行われました。2日目から試作教材の素材収集のため松江市内の神社、伝統産業の八雲塗りの店舗等を見学しました。 本会議を通じて、各大学の現状を共有し、さらなる連携実現に向けての実りある会議となりました。

 

 日本語教師連携強化会議の様子副教材作成の様子

お問い合わせ

国際交流課
電話:0852-32-6013