「島大アンバサダ」がキャンパスツアーを開催

2016年3月31日

 島大アンバサダとは、海外の協定校等からゲストが本学を訪問された際に、英語で本学の紹介やキャンパス内を案内する学生です。紹介内容やキャンパス案内は、島大アンバサダの学生が考えた学生目線での島根大学の紹介となっています。
 これまでに協定校である寧夏医科大学(中国)の副学長やバナラスヒンドゥー大学(インド)の学生に松江キャンパスを島大アンバサダが紹介しました。
 寧夏医科大学の副学長やバナラスヒンドゥー大学の学生へのキャンパス紹介では、最初に島根大学の概要や学生生活についてスライドを使い、英語で説明し、その後、一緒に松江キャンパスを歩きながら、島大アンバサダの学生が所属する学部や図書館等を案内しました。バナラスヒンドゥー大学の学生は、「島大アンバサダの対応は丁寧で素晴らしく、学生が大学紹介をするという方法はとても良い」と話してくれました。
 島大アンバサダの学生達は、「海外からのゲストに島根大学をより知ってもらうための案内方法を考えたい」とモチベーションが高く、今年はさらに活躍が期待されます。

アンバサダ1

バナラスヒンドゥー大学の学生にキャンパスを案内する様子

お問い合わせ

国際交流課
国際連携担当
電話:0852-32-9735