外国の大学等との交流協定締結手続きについて

ここでは,海外の大学等と交流協定を締結するための手続きについてご説明いたします。

詳細については『外国の大学等との交流協定締結に関する手引き』をご覧ください。

line.JPG

 ダウンロードコーナー

 ○外国の大学等との交流協定締結に関する手引き

 ○申請書類 一式

line.JPG

1.交流協定締結の目的

交流協定締結の目的は,本学が外国の大学・教育研究機関(以下『外国の大学等』という)との研究者交流,職員交流,学生交流,共同研究,学術資料や刊行物の交換,シンポジウムの開催などを行うことで,広く教育・学術文化の交流を促進し,双方の教育・研究水準を高め,学術研究の成果の向上を図ることにあります。

 

2.交流協定の種類

交流協定は以下の3つがあります。

(1)大学間交流協定・・・本学と外国の大学等との間で締結する交流協定をいいます。

(2)部局間交流協定・・・本学の特定部局と外国の大学等または外国の大学等の特定部局との間で締結する交流協定をいいます。

(3)協定書覚書・・・・・・・上記(1)または(2)に基づき,具体的な学術交流,学生交流,人材育成事業等を行うための詳細を定めたものをいいます。

 

3.交流協定締結までの流れ

大学間交流

①海外の大学と交流協定を締結するにあたり,発議中心者,発議中心者所属部局内で締結についての審議を
行い,部局長名で申請書等を作成し,国際交流課へ提出する。
②提出された申請書は大学内の以下の会議に諮る

・国際交流センター会議
・国際交流センター運営委員会
・教育研究評議会
③各議会で承認された後,国際交流課より本学の学術・国際担当副学長名で相手方の大学の国際交流
担当部局へ
連絡をし,協定に向けての手続きを行う
④双方の学長による署名を行い締結完了

大学間交流

 

部局間交流

①海外の大学と交流協定を締結するにあたり,発議中心者,発議中心者所属部局内で締結についての審議を
行い,部局長名で申請書等を作成する
②提出された申請書は,各部局の国際交流センター兼任教員を通じて大学内の以下の会議に諮る
・国際交流センター会議
・国際交流センター運営委員会
③各議会で承認された後,各部局より相手方の大学の担当部局へ連絡をし,協定に向けての手続きを行う
④双方の部局長による署名を行い締結完了
⑤部局長から学長へ締結完了について報告する
⑥学長から教育研究評議会に締結完了について報告する

部局間交流

 

ご不明な点がございましたら,国際交流課へお問い合わせください。
TEL0852-32-9735(内線(9)2072)
E-mail:kks-kouryu@jn.shimane-u.ac.jp