駐日カザフスタン共和国大使館公使参事官が小林学長を表敬訪問

2013年11月19日

 11月12日に駐日カザフスタン共和国大使館からクルマンセイト・バトルハン公使参事官が来学され、小林学長を表敬訪問しました。

 当日はヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクトから小畠さんと黒川さんにもお越しいただき、カザフスタンでの本学教員の取組み、学長が8月に本学の協定校であるセメイ国立医科大学を訪問したときの様子などについて話が盛り上がりました。クルマンセイト・バトルハン公使参事官からは、本学とセメイ国立医科大学との交流が日本とカザフスタン共和国のさらなる友好関係に発展するよう期待したいと挨拶があり、表敬訪問の後に行われる学長との共同講義において本学の学生へカザフスタンの現状について講義できる機会に感謝の意を述べられました。

 講義では、カザフスタンにおける核実験の歴史や現状についてお話いただきました。日本でも福島の原発事故に関するニュースが頻繁に報道されている現状があり、出席した学生たちは真剣な表情で耳を傾けていました。

 

集合写真

(集合写真)

 

表敬訪問の様子

(表敬訪問の様子)

 

講義の様子

(講義の様子)